Question

虫歯予防のため食事で配慮したいこと

虫歯予防のために、食事で配慮したほうがよいことはありますか。

女性/30代

2021/12/21

Answer

虫歯には自然治癒がないことから、いかに予防するかが大切です。予防のためには、口腔内の衛生が何より大切ですが、食事に配慮することでさらに予防効果は高まります。


具体的には、まず甘いもの、特に砂糖や、砂糖を多く使った菓子類の摂取量や摂取する回数を減らしましょう。虫歯になりにくい甘味料(キシリトールなど)を使用するのも一つの方法です。砂糖は食事と一緒に摂取するよりも間食として摂取するほうが虫歯を生じさせやすいといわれています。


次に食事の際は、良くかんで食べましょう。よくかむと唾液の分泌量が多くなり、口の中の酸化を抑えて再石灰化を促すため、虫歯予防につながります。


口腔内に常に食物があると、虫歯になりやすい状態になります。食事や間食のあとは、歯みがきをする、口をすすぐ、お茶を飲むなどしましょう。特に食後は正しいブラッシングを行って食べかすやプラークを除去することが大切です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

食事
むし歯

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。