Question

前立腺がんの注射による治療。やめどきは?

数年前に前立腺がんの診断を受け、注射による治療をしています。検査結果の数値は下がっていますが、現在も半年ごとの検査の際に同じ注射を受けています。このまま治療を続けるべきでしょうか?

男性/60代

2023/06/04

Answer

通常、前立腺がんの治療は、診断時のがんの進行の程度やからだの状態などから検討されます。進行とは、病期として分類されているものを指します。これを元に、外科治療や薬物療法、放射線治療などから選択されます。


薬物療法として内分泌療法が選択された場合は、注射や飲み薬など男性ホルモンの分泌や働きを妨げる薬を使い、前立腺がんの勢いを抑えます。外科治療との最大の違いは、やめれば元に戻る可能性があるという点です。長期間治療を行い、副作用が出たときは一旦休止し、その後再開する場合もあります。

ただし、これは一般的な内分泌療法の行われ方であるため、ご相談者の現状と必ずしも同じというわけではありません。


次回の通院時に主治医と相談し、治療を続けるべきか検討されるとよいでしょう。受診の際には、検査項目や数値について、どのような種類の何という薬剤を使用しているのか、まだ注射の継続が必要か、どのようなときに治療終了となるのかなど、現在の状態や今後の方針について、疑問に思う点を遠慮なく相談することをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

がん

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。