Question

年齢とともに睡眠が浅めに……

加齢とともに眠りが浅くなっている実感があります。それでも睡眠は足りていると感じており、週2回のウォーキングなど身体的な活動にも支障はありません。睡眠の浅さは、心身に影響があるでしょうか?

女性/60代

2023/05/20

Answer

年齢とともに睡眠は変化します。男女の関係なく、高齢になると睡眠は浅く、短くなってきます。夜中に何度も目を覚ましたり、朝は早くから目を覚ましたりするようになります。

加齢とともに、若い頃にくらべて早寝早起きになります。これは、体内時計の加齢変化によって起こる現象です。血圧、体温、ホルモン分泌など睡眠を支える多くの生体機能リズムが前倒しになり、体内時計に加齢変化が生じます。


また、高齢になると、睡眠は浅くなります。睡眠脳波の検査では、深いノンレム睡眠が減って、浅いノンレム睡眠が増えるようになるといわれています。そのため、尿意やちょっとした物音などでも目が覚めてしまうようになります。

一般的に、睡眠が足りていると感じられ、日中の身体的活動に支障をきたすことがないのであれば、睡眠には問題がないといわれています。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

睡眠
高齢期
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。