Question

寝たきりの母、食事を食べやすくする工夫

寝たきりの母の食が細くなり、また食べやすいようにペースト状にしても吐き出してしまいます。何か工夫できることはありませんか。

女性/60代

2021/12/21

Answer

食べやすさで考えると、口あたりのよいゼリーやプリン、茶碗蒸し、野菜をペースト状にしたポタージュ、冷ややっこ、冷たいアイスクリームなどがおすすめです。栄養価を高めるために、少しずつでも肉や魚をとり入れるとよいでしょう。


ペースト状にするときは、一緒につぶさず、素材別にすると、それぞれの味をしっかり感じることができます。


食事に際しては、誤嚥(ごえん)を防ぐため、頭を少し高くして、横向きになって食べてもらうとよいでしょう。一度に口に入れる量は、大さじ1杯程度が目安です。熱いものは冷まして、飲みこんだことを確かめてから、ゆっくりと食事を進めます。


「次は○○ですよ」「おいしい?」「次はどれにする?」などと話しかけたほうが、食の進みがよくなるようです。固形物と汁ものを交互に口に運ぶと、飲みこみやすくなります。


食後は口の中をさっぱりとさせるため、水やお茶を飲んだり、口すすぎをしたりしてもらいましょう。また、食後しばらくは、誤嚥防止のため、頭を高くしたままにします。


食欲不振は、歯痛、口の中の汚れ、心配ごとなど、さまざまな要因で起こります。食事中は話をしながら、じっくり様子を観察することが大切です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

食事
肺炎
親の介護
低栄養
嚥下障害

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。