Question

職場の人間関係がもとで休職。当時の症状が今も

仕事での人間関係がもとでうつになり休職。その後、別の課に復職したのですが、数年経った今もそのときの職場の人とすれ違ったりすると、息苦しさや冷や汗など、休職前と同じような症状が現れて不安です。

女性/30代

2023/03/10

Answer

ご相談者の症状は、ストレスへの身体反応のように思われます。実際に症状の現れ方は個人差があり、心臓がドキドキする動悸や、胸が締めつけられるという人もいれば、ご相談者と同じような症状の人もいます。したがって、それほどストレスに感じている、負担になっていると受け止めて、その環境で働くご自身をいたわっていただけたらと思います。


数年経つのに、と戸惑われるかもしれませんが、心に負担のかかる出来事を消化するのにはそれ相応の時間を要することがあります。その方との関わりが一切ないという環境であれば、時の流れととともに薄らいでいきますが、ご相談者の場合はそうではないため、薄らいでいくスピードに影響しているかもしれません。しかし、物事は絶えず変わっていく側面があるので、不安な気持ちになられたら、「時薬」という考え方を思い出されてはいかがでしょう。


実際には仕事などでの関わりがなくても、その方を見かけたり声を聞いたりする環境は、大変なストレスだと思われます。また、当時のくわしい状況はわかりかねますが、いろいろなことが加味されて現状に至っていると受け止めております。そのようなストレスのなかで働いているご自分を「よくやっている」と十分にいたわっていただき、プライベートで心身ともにくつろぐ時間を過ごすことでストレスを中和したり、ストレスに抗う力を蓄えていただくことをおすすめします。

いくつか提案しましたが、試しても症状がよくならない場合は、以前受診された医師に相談することを検討いただけますでしょうか。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ストレス
職場の悩み
うつ
息苦しい
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。