Question

1日1食にしているが体重が減らない

1日1食にしていますが、体重が減らず脂肪肝もよくなりません。どうしてですか。

女性/40代

2021/12/21

Answer

1日1食ということですが、この食べ方だと食事と食事の間隔が長くなります。そのため空腹の時間が長くなり、一度にたくさんの量を食べる「まとめ食い」「どか食い」になりやすくなります。また、一度に多くの食事をすると、血糖値が一気に上がり、インスリンというホルモンが大量に分泌されます。インスリンは脂肪の合成を促す作用があり、脂肪を蓄えやすくなります。1日の総摂取エネルギー量が同じ場合、食事回数の少ないほうが太りやすい傾向があります。お相撲さんの食事回数が少ないのは、このためといわれています。


また、食べ物から摂取したエネルギー量が、消費エネルギー量(基礎代謝と活動エネルギーを合わせた量)より多い場合は、体重は増加します。たくさん食べていなくても、体を動かす量が少なければ体重は増えてしまうのです。


自分ではたくさん食べていないと思っていても、エネルギー量の高い間食や飲み物をたくさんとっていることがあります。一度、自分の食事を記録してみることをおすすめします。気づかなかった問題点を見つけることができるかもしれません。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

関連するキーワード

ダイエット
本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。