Question

災害や事故のニュースに不安になる

昔から大きな災害や事故などのニュースを見ると不安になり、動悸が激しくなって気持ちが不安定になってしまいます。そういったニュースは映像などが繰り返し流れることも多く、目にしてしまうとつらくなります。被害に遭った人はどのような思いだったのだろうなどといろいろな感情がわき、気分が悪くなってしまうことも。どう対処すればよいでしょうか?

女性/20代

2024/01/11

Answer

災害や事故のニュース映像にはショッキングなものもあり、不安や恐怖を感じてしまいますよね。その感じ方は人それぞれではあるのですが、ご相談者の場合は激しい動悸がしたり気分が悪くなってしまうとのこと。とても感受性が豊かで、人の痛みを自分のものとして受け止めてしまう方なのだと思います。


いわゆる共感力が高い方は、災害や事故などのニュースに影響を受けやすい傾向があります。他者の苦しみや痛みなどに強く共感して、自分自身もつらくなってしまうのですね。この共感力自体は私たちにとって大切な力の1つですが、強すぎると相手の状況に引きずられやすくなってしまいます。もしニュースなどを見て気持ちが不安定になるときは、一時的にその情報から離れることも大切です。刺激が強いニュース映像を見ることは控え、情報を得たい場合は文字媒体で得るのがよいでしょう。


また、共感しすぎると、相手と自分との境界線が曖昧になってしまうことがあります。自分と相手は別の人間であるという意識をしっかりと持てるようになると、適度な距離感を保てると思います。つらくなったときには、できるだけ自分の今の生活に目を向けて、いつも行っていることを普段通りにこなしたり、趣味など何か没頭できることをしてみるのもよいと思います。日常の生活に戻ることで「自分は自分である」という感覚を持ちやすくなるでしょう。

自分1人では感情のコントロールが難しいときには、信頼できる人に気持ちを聞いてもらうのもよいですね。話すことで少し楽になったり、違う視点に気づけたりすることもあります。


もしそういった対処法を試してもつらさが改善せず、体調不良や日常生活への支障が続くときには心療内科などを受診してみるのも1つです。医師と一緒に、自分に合った方法を考えていくこともできるので、1人で抱えないようにしてくださいね。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

不安
感情コントロール
心療内科
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。