Question

高齢の両親の支援についての相談先は?

遠方で暮らす母ががんの手術を受け、現在は自宅におり、術後であまり歩くことができません。父もいますが、高齢のため足腰が弱り、週2回ほどヘルパーさんに食事の支援をしてもらっています。息子の私や妻にもっと訪問して支えてほしいとのこと。ただ、2人とも仕事を持ち、支援のすべてを担うことは難しいです。外部の支援にはどのようなものがあり、費用感などを相談できる相談先を教えてほしいです。

男性/40代

2023/02/20

Answer

離れて生活する高齢のお母様が、手術後の自宅療養中で、生活面でお手伝いが必要な状態になっているのですね。ホームヘルプサービスを週2回ほど利用されているものの、ご相談者夫婦に支援を求められ、困っているとのこと。距離の問題のほか、それぞれの家庭の事情もあり、このような状況下での介護は、本人や家族ともに負担を感じていることとお察しします。


介護保険のサービスは多岐にわたり、加えてお住まいの市町村独自のサービスなどもあります。このように社会資源が整ってきていても、地域によっては必要なサービスがなかったり、介護にかけられる金銭面の問題で、希望されるサービスが受けにくいこともあります。一般的には、介護される人を取り巻く環境面や介護費用を含めた具体的な相談は、担当のケアマネジャーにすることになります。


ご相談者やご家族の日常生活や健康などを守りながら、介護保険などの社会資源をうまく活用していくことが求められている状況だと思います。ご両親の足腰が弱くなり、日常生活の負担が大きくなっているときには、介護認定の再確認をすることも考えていく必要があるでしょう。

その点を含め、現在の担当のケアマネジャーもしくは、住まいの地域包括支援センターや自治体の介護保険の窓口に、遠距離介護や各々の家庭の事情を伝え、今後のご両親の生活サポートを相談していくことをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

がん
在宅介護
介護認定
遠距離介護
親の介護
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。