Question

診断のつかない子どもの発熱が1週間以上続く

小学生の子どもが1週間以上、熱が38℃近くから引かず、受診したところ、かぜでもインフルエンザでもないといわれました。解熱剤を飲むと一時的には下がるけれど、しばらくするとまたぶり返します。どう対処したらいいでしょうか?

女性/40代

2023/02/13

Answer

お子さんの発熱が1週間以上続き、解熱剤で一時的に下がるけれど、またぶり返しているのですね。受診しても診断がつかず、1週間以上も38℃近い熱が続いているため、体力の低下がないのか、水分や食事がとれているのか、ゆっくり休めているのかなどが気になります。


一般的に、3~4日以内の発熱は、かぜなどのウイルス感染が原因であることが多く、それ以上に熱が続いたり、ほかに症状を伴うときは、細菌感染や感染症以外の病気を疑い、検査をすることがあります。受診して日数が経っている場合は、1週間以上発熱が続いているので、早めの再受診をおすすめします。


再診時、医師に状況をよく理解してもらうためにも「発熱の経過(いつから、どの程度、鎮痛剤を飲んでもくり返しているなど)」「症状を軽くまたは悪くするような因子はあるか」「主症状に伴う別の症状があるか」などを伝えるとよいでしょう。また「病名」「今後の対応について検査などが必要か」「気を付けること」などを確認しておくと安心です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

発熱
解熱剤
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。