Question

健診で胆嚢ポリープの所見があり、胆石の疑い

健診の結果、胆嚢ポリープ8㎜の所見があり「胆石の疑い」でした。しかし、要精密検査などの指示はありませんでした。ポリープが大きくなってきているのですが、大丈夫でしょうか?

男性/40代

2023/01/23

Answer

胆石は、胆嚢内に形成された結石のことで、胆嚢炎や胆管炎の原因となる場合があります。胆嚢ポリープは、胆嚢の内側の粘膜が、こぶのようにふくらんでいる状態の病変です。通常、痛みなどの自覚症状はなく、大きさに変化がないか定期的な検査で経過をみます。一般的には、10㎜以上の大きさが、精密検査の目安になるようです。


ポリープの種類にもよりますが、もっとも多いコレステロールポリープの場合は、脂肪をとり過ぎない食事、積極的にからだを動かすことが大切といわれています。

いずれの所見もその状態から、医師の診察を受ける必要があると判断された場合は、医療機関受診や精密検査の指示があります。今後の対応については、健診結果の判定のとおりに対応するのがよいでしょう。


もし、健康診断の結果で医療機関の受診や精密検査、再検査の指示がなく、経過をみるような判定であっても、ご自身が結果について不安に思われるようなら、医療機関の受診をおすすめします。その場合は、消化器内科の受診がよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

胆石
ポリープ

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。