Question

脂質C判定の要再検査への対応は?

健康診断の結果で、脂質異常が指摘され、C判定となり、要再検3カ月以内と記載されていました。B判定については「過食、運動不足などの生活習慣を見直しましょう」のアドバイスがあり、C・D・E判定については「内科受診をおすすめします」としか書かれていませんでした。今回の健診結果を受け、このあとどのように対応したらよいでしょうか?

男性/30代

2022/12/15

Answer

まず、脂質の異常があり3カ月以内の再検査という健診結果についてですが、これは「一時的なものかもしれないため、健診日から3カ月以内に再度、血液検査を受けましょう」という意味になります。


脂質には、総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール 中性脂肪があります。この数値は飲食の影響を受けて一時的に高くなることがあります。朝食だけでなく、前の晩に遅くまで食事をしたり、アルコールを飲んだ場合は中性脂肪値が高く、コレステロール値が低くなる場合があり、正しく評価できません。正確な血清脂質の測定には、検査前日の高脂肪食や高カロリー食を控え、禁酒し、12時間以上絶食後の早朝空腹時の採血が必要です。

今後についてですが、健診結果を持参し、近くの内科への受診をおすすめします。


脂質異常症の改善には、食事と運動に対する注意が重要です。再検査までに生活で改善できることを参考までに以下、お伝えします。

食事は、まず1日の摂取エネルギー量を適正にすることです。肥満がある場合は肥満解消が重要になります。そして、炭水化物、たんぱく質、脂肪、ビタミン、食物繊維などのバランスがとれた食事をとるようにしましょう。

食事とともに大切なのが、適度な運動です。運動は、体脂肪を燃焼させ、肥満やトリグリセライド(中性脂肪)値の改善に効果的です。また、HDLコレステロール(善玉)を増加させます。運動には、酸素をたくさん消費する有酸素運動が効果的です。おすすめの運動はウォーキング。気軽に無理をせず続けることが大切です。

そして、お酒の飲みすぎや喫煙はやめましょう。特に喫煙は、HDLコレステロールを減少させ、動脈硬化を早めるので注意しましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

脂質異常症
血液検査
内科

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。