Question

ねじれるようなひざ痛の原因は?

定期的にジムで運動しています。昨年、左ひざの中心に痛みが出始め、整形外科を受診したところ、腱鞘炎ではといわれました。その後、治りかけていたものの、約半年前にぶり返し、それ以降は歩くと左ひざの上にねじれるような痛みが加わりました。別の整形外科を受診し、原因が特定できず、運動のしすぎではと言われただけでした。しかし、その後も同様の痛みが続いています。ひざ痛は原因の特定が難しいことは2度の受診でわかりましたが、ほかに原因が考えられるでしょうか? またどの診療科にかかるとよいでしょうか?

男性/40代

2022/11/25

Answer

昨年、左ひざの痛みがあり、整形外科を受診したときには腱鞘炎ではないかとの診断を受け、いったん軽快したものの、半年前に再発したのですね。しかし、その後も捻じれるような痛みが続いて、症状の原因や今後の受診科目について知りたいのですね。痛みの程度は変化しているようですが、経過が長く、体調管理を常に考えながらの毎日には、はたからではわからない苦労もあるのではとお察しします。


ひざ関節はからだの中で最も大きい関節です。関節は骨や軟骨、靭帯などで構成され、複雑な構造をしています。診断するために医師は診察とともに様々な検査を行いますが、一般的な関節の検査といえばX線やMRI検査を行います。X線検査は骨の状態を知ることができ、骨以外の軟骨や靭帯、筋肉は、より精密なMRI検査を行います。


今回の症状は動かしたときの症状なので、領域としては整形外科の症状でしょう。すでに受診しているので、引き続き整形外科で相談されるとよいと思います。

骨や軟骨に明確な病変がなければ、それ以外の靭帯や筋肉の変化で症状が起こっているのかもしれません。診断にはより精密なMRI検査などが必要かもしれませんが、医師が診察を行い、検査を選択するので、医師へ症状の様子やその変化を相談することがまずは適切な対処だと思います。


定期的にジムで運動していること、腱鞘炎や運動のしすぎとの診察医の意見なので、それらもあわせて考えると、整形外科でスポーツによるけがの診断・治療を行うスポーツ医に相談してみるのも方法でしょう。日本整形外科学会のサイトでは認定スポーツ医の情報を一般の方も検索することができます。ひざを得意とする医師を選ぶと、なお専門性が高くなると思います。


改めて受診する際は相談のような詳細な症状、経過、どのようなときに痛みが起こるのか、その後の痛みの変化(治まったか悪化したかなど)、生活の支障の程度などを時系列にまとめて医師にみてもらうとよいでしょう。ジムでの運動の様子、行った日、運動後のひざの状態も思い出す限り、できるだけ詳細に医師へ伝えましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

膝痛
専門医
整形外科
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。