Question

子宮内膜症による婦人科手術のセカンドオピニオンを受けたい

子宮内膜症によるチョコレートのう胞のため、薬物療法を続けてきた妻が手術をすすめられました。本人はできれば手術したくないとのこと。ほかの選択肢がないか、ほかの病院でも意見を聞いてみたいのですが、どうしたらよいでしょうか?

男性/40代

2022/10/30

Answer

本来は子宮にある子宮内膜が、卵巣の深部にできる病変を「チョコレートのう胞」といいます。チョコレートのう胞は良性の病気で、月経痛、月経時以外の下腹痛、腰痛、性交痛、排便痛などの諸症状がありますが、直接的な生命の危険がないことが多いです。しかし、大きさの変化や突然の激しい下腹痛がみられたり、卵巣がんを発症するリスクが高くなる可能性もあるため、定期的に経過観察を行い、状況に応じて治療方法を見直していくことが必要になります。


病状の程度によって治療方針が異なるため、主治医の診断や治療方針(ファーストオピニオン)を理解したうえで他の医師の意見も聞くことで、納得して治療を受けることができると考えます。

セカンドオピニオンを希望する際にはまず、これまでの検査データや経過のわかる記録および紹介状を主治医に書いてもらい、セカンドオピニオン先の医療機関に持参します。セカンドオピニオンでは新たな検査は行わず、主治医の意見やこれまでの検査データを基に治療方針などの説明が行われます。


なお、セカンドオピニオンは保険診療の範囲外のため、受診の費用は全額自己負担となります。またチョコレートのう胞がセカンドオピニオンの対象となっている医療機関か、利用にあたっての手順や必要な資料、費用についてなど、事前に確認しておくことをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

子宮内膜症
セカンドオピニオン
手術
婦人科

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。