Question

抜歯後から続く舌の痛みへの対処法

昨年、抜歯をして以来、舌の痛みと口の中の不快感に悩まされています。味覚異常と思われる状態にもなり、病院で薬を処方してもらい、味覚異常はよくなりました。しかし、舌の痛みは変わらず、薬を処方してもらいましたが、完治していません。舌の痛みの特徴をいえば、強い痛みではない、舌に外観的な異常は見られない、痛い場所が日によって変わる、口に水分を含むと痛みが和らぐ、口の中が乾燥している、舌の感覚が敏感になったなどです。これは関係ないかもしれませんが、4年前から抗うつ剤を服用しています。このような状態で、今後どのような治療を続けていったらよいのでしょうか?

女性/50代

2022/10/10

Answer

昨年の抜歯後から、舌の痛みと口の中の不快感に悩まされているとのこと。味覚異常もみられ、内服治療により軽快したものの、舌の痛みは痛くなったり、治ったりをくり返しているのですね。質問に、舌など口腔内の様子を丁寧に観察した詳細の情報もあり、症状を改善したいという気持ちを強く感じました。ここ1年ほど、体調管理を考えながらの毎日には、はたからではわからない苦労もあるのではとお察しします。


口内の症状として、生活に支障をきたすほどの痛みではない、見た目の変化はない、痛む箇所が変化する、乾燥が症状の要因になっているこ、などの様子から、基本的には主治医のもとでの治療と、現状の生活管理の継続で必要な対処をしているのではと思いました。

明らかな病変があるときは、見た目の変化、症状の悪化、生活に支障が生じるなどの傾向があります。この場合は、医師の診察を受け、治療方針を検討してもらう必要が高いです。


口腔内の乾燥は症状の舌などの粘膜の刺激になるので、乾燥対策は引き続き行うとよく、かかりつけ歯科でドライマウスのケアや対処について相談することもよいでしょう。


また、抗うつ薬の治療を受けているとのことで、処方してもらっている医師へ、舌や口腔内の症状についても診察時に話してみるとよいと思います。いずれにしても現在の治療を継続し、気長に症状とつき合っていくという気持ちでいるほうが、負担が少なく、日々を過ごしやすいかと思います。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

乾燥
味覚障害
歯科

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。