Question

私生活でのトラブル後、心身に変化

昨年以降、私生活でトラブルに見舞われ、その対応が一段したあたりから、仕事に支障をきたすようになってきました。以前はもっと前向きで、責任感を持って仕事に取り組んでいたように思うのですが、日中もぼんやりしてしまったり、注意されたことに対して言い逃れの嘘をついてしまうようなこともあります。夜も眠れず、早朝に目覚めてしまうことも。自分でも何か変だと感じています。人に頼るのも下手で、どうしたらよいかわかりません。

男性/30代

2022/10/01

Answer

私生活でさまざまな苦労を重ねてこられた様子です。そのような中でも気持ちを奮い立たせて頑張ってこられたのではないでしょうか。まずはご自身を十分に労ってあげてくださいね。


ご相談者は昨年、心身に負担がかかる出来事が多くあり、その状況が少し落ち着いた今になって、そのときの疲れやストレスなどがからだに現れているのではないかと感じました。責任感が強く、まじめな人柄だからこそ、頑張りすぎてしまったということはないでしょうか。その場合、今うまくいかなくなっているのは、頑張った反動とも考えられるので、自身を責めないでいただきたいと思いました。


以前とは違ってきていたり、自身でおかしいのではと感じていたりするとのこと。また、心身にいろいろな症状も出ている様子です。このようなときには、一度心療内科などの専門の医療機関を受診し、からだの状態を診ていただくことをおすすめしたく思います。


もし、仕事面での支障が大きい場合には、まず上司や、職場の産業医、保健師などの産業保健スタッフに相談されてみるという方法もあります。「人に頼るのが下手」ともあり、なかなか相談しにくい気持ちもあるかと思いますが、今は、周囲のサポートを得ることが大切と思われます。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ストレス
職場の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。