Question

めまいやふらつきがあり、外出が怖い

3カ月の介護休業を経て職場に復帰しました。復帰して間もない時期に手の震えや、ふらっとするようなめまいを起こしました。その日以来、波はありますが、ふらつくような感覚やぐらっとするようなめまいが続いています。専門医のところにも行きましたが、原因はわかりません。持病があり薬を飲んでいるので、原因が心因性のものならば薬に頼りたくありません。休日に気分転換をしようとしても足元がふらつくような感覚になると不安で落ち込み、どこへ行くのも怖くなってしまいます。

女性/40代

2022/09/07

Answer

最近めまいを感じておられるとのこと。原因もはっきりせずご不安なことと思います。

「心因性」とは、いわゆる「精神的なストレス」との理解でよろしいでしょうか。何か思い当たることがおありでしょうか。もしある場合は、その精神的ストレスをうまく解消できているかといったことは大切かと思います。


めまいと直接的つながりがない場合でも、何かのストレスによって精神的に疲弊していると、人は少しのことでも非常に気になったり、ネガティブな考えばかりになる傾向があるので、そういった状態に陥らないよう、日々のストレスを小さくするということは、間接的なサポートとなるかもしれません。きちんと睡眠を確保して体調を整えることはとてもよいことなので、ぜひ続けてほしいと思います。


もしめまいが起こっても、自身が安心できるような状況をつくっておくことも1つでしょう。例えば、上司や家族に知っておいてもらう、外出するときは誰かと一緒に行ったり短い時間にする、ルートなど告げておいて戻りが遅ければ連絡や探しにきてもらう、などです。そのようにしてめまいがあること自体がなるべく自身のストレスにならないよう、工夫してくださるのも大切かもしれませんね。


いずれにしても周囲のサポートがあるとより安心と思われるので、家族や上司などに相談してみてはと思いました。上記のような気持ちの持ちようや工夫の仕方は、心療内科などで心理カウンセラーなどがいる場合、継続的に相談できることがあります。相談の際にそういった方法を希望していることを伝えてみるとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ストレス
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。