Question

眼鏡の処方せんに-2.00Dと記載。この意味は?

近視です。眼鏡の処方せんに-2.00Dと記載がありました。どのような意味ですか?

女性/40代

2022/07/28

Answer

近視や老視で眼鏡をつくる際は、検眼をしてレンズの度数を決めますが、そのときのレンズの度数(屈折力)は、ジオプトリー(D)という単位で表します。

数字の前の-(マイナス)は近視を表し、+(プラス)は老視を表します。-2.00Dと表示されている人であれば、近視があるので、-2.00の凹レンズを使用して、網膜上で焦点を結ぶように眼鏡で矯正します。


ジオプトリーの数字は大きくなればなるほど、レンズの度数が強くなり、近視が強いということになります。例えば、裸眼で眼前10cmからの光線が網膜上に集光する日知は、焦点距離0.1mの-レンズを眼前に置けば遠方からの光線が網膜上に焦点を結びます。

近視の程度は、屈折度の単位であるDを用いて、弱度近視は-3.00D以下、-3.00Dを超えて-6.00以下は中等度近視、-6.00Dを超えると強度近視と分類されています。


D=1メートル/焦点距離 の計算式があります。

この式に当てはめると、上記の人は1/0.1=10となり、「-10Dの近視」となります。


回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

眼科

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。