Question

白内障の手術後、後発白内障になる割合は?

白内障の手術後、後発白内障になる割合はどの程度ですか?

男性/60代

2022/07/15

Answer

白内障の手術では、水晶体のすべてを摘出するわけではなく、水晶体の袋の後ろの部分は残してあります。この残った部分がにごらないように、よく磨いてきれいにします。しかし手術後に、袋の周りに残った細胞が次第に増えて、袋の中心部にまで及んでくると、袋の後ろの部分が白く濁ってきます。これを「後発白内障」といい、手術後に10%ほど発生するといわれています。


原因は不明で、予防にいろいろ方法が試みられていますが、安全で確実な方法はまだありません。ただ現在。多く使われているアクリル製眼内レンズは、後発白内障の発生が少ないようです。

後発白内障の治療は、レーザーを照射し、にごった袋の中心部を切開します。これにより、視力も回復します。この手術は、外来で10分もかからずに済みます。痛みなどはなく、通常なら後遺症もありません。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

手術
眼科

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。