Question

聴力検査で要再検査に。病気の可能性は?

健康診断の聴力検査で要再検査の結果でした。病気の可能性はありますか?

女性/30代

2022/07/01

Answer

聴力検査は、難聴の有無を調べる検査です。日本人間ドック学会では、1000Hz(ヘルツ)で30dB(デシベル)以下、4000Hzで30dB以下の音が聞こえていれば正常としています。それ以上の音圧でないと聞こえない場合は、難聴と診断されます。1000Hzは日常会話に必要な低音域、4000Hzは高音域の難聴を早期発見するために行います。大きな音にさらされて起こる騒音性難聴は、4000Hzの検査で発見されることが多いとされます。

難聴は、大きく分けて2つのタイプがあります。1つは、外耳や中耳など音を伝える部分に障害で生じる「伝音難聴」で、中耳炎などが原因で起こります。もう1つは、内耳や聴神経の障害で生じる「感音難聴」で、先天性難聴や耳下腺炎、ウイルス感染、聴神経腫瘍などが原因で起こります。


難聴の検査では聴力検査を行います。ヘッドホンを耳に当て、高さの違う音を流して聞こえているかをみます。そのほか、耳の後ろの骨に直接音の振動を当てて内耳に伝え、聞こえるかをみる骨導検査もあります。通常の聴力検査に異常があるのに骨導検査に異常がなければ、内耳から脳には異常がないことになり、伝音難聴とわかります。

難聴と診断された場合、詳細な検査を受け、外耳、鼓膜、耳小骨、中耳腔、内耳などのどこに原因があるかを調べます。放置すると悪化の可能性もあり、早めに耳鼻科専門医の診察を受け、適切な治療を受けるようにしましょう。なお、50代以降に起こることが多い老人性難聴は、音を受け止める神経細胞の老化がおもな原因のため、治療による効果はあまり得られません。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

耳の不調
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。