Question

ネットショッピング依存ではないかと不安……

仕事のストレスからかネットでの買い物が多くなっています。商品が届いてもさほどうれしくなく、エスカレートしないか心配です。

男性/20代

2022/06/22

Answer

商品が到着してもさほどうれしくないとのことで、商品がほしいのではなく、ストレス発散が目的になっているのかもしれません。「ストレスを抱え過ぎていないか」と「ストレス発散方法が適切であるか」に焦点を当てて考えていきましょう。


仕事でストレスを抱えていると考えているようですね。では、仕事以外のストレスはいかがでしょうか。ストレスの原因は1つではないことが多いので、改めてふり返ってみてください。頭の中で考えるだけでは、どのくらい多くのストレスを抱えているか把握しづらいので、些細なことも書き出してみることをおすすめします。ストレスを書き出したら、対処できることと、できないことに分類します。例えば「仕事量が多い」というストレスは、上司に相談するという対処が可能かもしれません。一方「上司に何を言われるかわからない」という不安は考えても対処をするのは難しいでしょう。このように対処できるストレスは対応策を考えて、実行に移していくことで、ストレスを今より減らすことができるかもしれません。


次にストレスの発散方法について考えてみます。ストレスと上手につき合う方法の1つとして、多くの発散方法を持つことが挙げられます。ネットショッピングは疲れているときでも、遅くに帰宅しても手軽にでき、慣れているので頼りがちになりますが、他にもさまざまなストレス発散方法があるはずです。


もしほかにストレス発散方法を思いつかないなら、どんなときにほっとできるかをふり返ってみてください。例えば、お風呂に入ったとき、リラックスできる音楽を聞いたとき、お気に入りのスイーツを食べたときなど、どんな些細なことでも、ホッとできたこと、リラックスすることを書き出してみます。書き出したら、いつでも見られる場所に置いておくようにします。もし買い物をしそうになったら書き出したものを見て、買い物以外でストレス発散ができないか考えてみてください。新たに思いついたことがあれば書き足してもよいのです。買い物以外のことも活用して、ストレスを上手に発散できるようにしていきましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ストレス
依存
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。