Question

収集癖をやめたい

何かを集め始めると止まらなくなってしまいます。お金や時間も惜しみません。若いころはよかったものの、家族がいる今は子どもの教育のためにもよくないので、やめる方法はないでしょうか?

女性/30代

2022/06/05

Answer

今後の対応策については、まず夢中になる対象を「別のもの」におきかえる方法があります。ほかには「集める」という行動をほかの「何か」に変えてみることです。興味関心や行動を変えることは一朝一夕にはむずかしいかもしれません。しかし、お金や時間をかけ過ぎずにできる自分なりの趣味や気分転換法を、この機会に模索してみませんか。


例えば、ウォーキングなどは手軽にできる方法の1つで、短い時間であっても移りゆく景色を眺めながら歩くのは気分転換になります。からだを動かすので、心身の健康にもよくおすすめです。もし、読書好きであれば近くの図書館に行って本を借りたり、読んで帰ってくるのもよいでしょう。近くの公民館など、公共の施設では地域住民が楽しめる、さまざまなプログラムを催しているところもあるので、一度足を運んでみるのも1つです。周囲を見渡すと、趣味や気分転換法を見つけるよいヒントがある場合もあります。よろしければ、これらを参考に検討してみてくださいね。


また、そのほか具体的な対応策として挙げられるのは、必要最低限のお金のみを財布に入れ、クレジットカードを持たない方法です。集められない、買えない状況を自ら作ってしまうのも1つです。場合によっては、お金やカードは夫に預かってもらい、協力してもらうと夫婦のコミュニケーションが増えてよいかもしれません。このような状況にしばらく身をおき、今までと異なる環境に慣れてくると、やめられない気持ちと距離をとりやすくなり、落ち着いていくこともあるように思います。


まずはこれらの方法で少し試しみてはいかがでしょうか。それでもやめられず、日常生活にも影響が出るほどのお金と時間を費やしてしまう場合は、専門家の力を借りることを検討する必要があるかもしれません。その際は、住まいの地域の精神保健福祉センターなどで現状を相談し、専門のサポート窓口の利用をおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

依存
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。