Question

内痔核のジオン注治療の副作用

内痔核へのジオン注治療を知りました。臀部がやせるなど、副作用があると聞きましたが本当ですか?

男性/30代

2022/06/05

Answer

ジオン注治療とは、脱出を伴う内痔核に対する切らない治療法です。ジオン注という薬を四段階注射法(ALTA療法:アルタ療法)という方法で投与し、痔核に流れ込む血液量を減らし、粘膜に固着・固定させる治療法です。痔核を切り取る手術と違い、痔核の痛みを感じない部分に注射するので、傷口からの出血や傷口の痛みなどはなく、入院期間を短縮できます。


投与後の早い時期に、血圧低下や徐脈、疼痛、排便困難、排尿困難、浮腫といった合併症の報告があります。

副作用については、手術後2週間後までの発熱などが報告されています。ただ、臀部がやせるといった副作用、合併症についての情報は確認できませんでした。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

副作用
治療薬

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。