Question

お酒は鍛えれば強くなる?

お酒が弱く、飲むと具合が悪くなってしまい、酒の席がつらく感じます。鍛えれば強くなりますか?

男性/30代

2021/12/21

Answer

一般的にいわれるお酒の強い弱いは、体質による部分がほとんどです。鍛えても強くはなりません。

よく職場やサークルで鍛えられて、お酒が強くなったという人がいますが、これは、アルコール耐性ができて、フラッシング反応(顔面紅潮、嘔気、頭痛、眠気)が弱まっているだけかもしれません。


私たちの体内には、アルコールを分解するために必要なアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)が存在します。このALDHには、1型と2型があり、主にアルコールの分解にかかわっているのは2型です。このALDH2型の働きが弱い、あるいはほとんど働かないと、お酒が弱いといわれる状態になります。日本人の約4割は、ALDH2型の働きが弱い体質といわれています。


お酒が弱く、すぐに具合が悪くなるという人は、ALDH2型の働きが弱い体質の持ち主と考えられます。自分の適量を見極め、その範囲内で飲むことが大切です。無理に飲むことは、二日酔いや急性アルコール中毒の危険性を高めるほか、全身にさまざまな悪影響を及ぼします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

アルコール
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。