Question

自律神経失調症で1カ月休職後、復職したが、がんばれない…

昨年末に初めて心療内科を受診して、自律神経失調症と診断を受け1カ月休職しました。薬を飲みながら出勤し始めたのですが、からだが思うようにならず、朝、布団から出られないため、午後から出勤しています。怠けていると言われればそれまでなのですが、がんばりたくてもがんばれず、とてもつらいです。家族などに相談するなかで、このまま会社に行きつづけた方がよいのか、もう少し休職するべきか悩んでいます。

女性/20代

2022/01/28

Answer

昨年末に初めて心療内科を受診なさったとのこと。主治医から自律神経失調症と診断を受けられ、1カ月休職なさったのですね。休職期間中は、心身ともにゆっくり休めたでしょうか?


その後、職場復帰もなさったようですが、朝、布団から出られないため、午後から出勤されているとのこと。文面からは、毎朝きちんと起きて出社したい気持ちはあるものの、からだが思うように動かず、自分を責めていらっしゃる様子が伝わってきて、胸が痛くなりました。自分の思いとは裏腹にからだが動いてくれないのは、本当につらいことだと思います。決して、怠けているからではないと思いますよ。


現状において、このまま出社しつづけた方がよいのか、もう少し休職するべきか、今後の進路についてご家族とも相談しながら悩まれているご様子。

ご相談から伝わってくる状態を考えると、今はまだ心身のエネルギーがもとに戻っていない段階であり、可能であれば、もう少し自分に休息する時間を与えてあげるのも1つではないかと感じましたが、いかがでしょう?


今の状態で無理をしつづけても、からだに鞭を打って出社するような状況だと思いますし、仕事の面でも本来の力を発揮しにくいでしょう。つらい状態がさらに苦しさを生んでしまう、悪循環に陥る心配があるように思います。ここは自分のからだを優先され、心身のエネルギーがもとの状態に落ち着くまで、ゆっくり休むのもよいと思います。


再度、職場復帰後の状態を主治医に相談され、今後の対応について助言を仰がれてみてはいかがでしょうか? からだが思うようにならないことやがんばりたくてもがんばれず、今もつらい状態があることを話してみることをおすすめします。その際に、自分の気持ちや希望も併せて伝えられるとよいでしょう。


また、職場では上司だけでなく、社内に産業医や保健師などの産業保健スタッフがいらっしゃれば、現状をご相談されておくとよいでしょう。今後の対応も含め、職場復帰した後の働き方についてサポートしてくださると思います。産業医については必要に応じて、上司に進言する役割もありますので、一緒に検討したうえで、ご相談者の状態に合わせた業務や仕事の取り組み方を上司に提案してくださる場合もあります。職場でも、ご相談できる環境を作っておくと1人で抱え込まずに済むと思いますし、安心して過ごしやすいでしょう。


お仕事をつづけていくにも、健康なからだあってこそです。今は無理をしないことが改善への近道につながるかも知れませんので、まずは主治医ともよく話し合ってみてくださいね。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

休職
自律神経失調症
心療内科

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。