Question

夏になると、目のまわりにブツブツができます

夏になると、目のまわりにブツブツができます。見た目は、潰したら脂肪が出そうなブツブツです。

女性/40代

2022/01/28

Answer

夏になると、目のまわりにブツブツができるのですね。お顔は目立ちますので、とくに女性は何か症状が出てしまうと気になるものです。


皮膚には、いろいろな色や大きさ、形の発しん(ブツブツ)ができますが、その原因は、外的刺激によるものと、内臓の病気からくるものとに大別されます。


皮膚は体外のさまざまな物質の作用や力をいつも受けています。そのなかでも刺激物やかぶれやすい物質に触れて起こる反応が、しっしんまたは皮膚炎です。体質や季節により、皮膚の状態は異なり、皮膚に変化が起こりやすい人と起こりにくい人がいます。


皮膚の発しん(ブツブツ)は、全身状態を確認しながら、薬剤やアレルギー、食事などと関係はないのか、かゆみや痛みはないのか、汗をかきやすい場所なのか、皮膚の色の変化、大きさ、発しんの中身は何か、皮膚の表面だけでなく、皮下にしこりはないか等を細かく見ながら、診断されます。原因によって、スキンケアなどの予防だけでよいのか、薬が必要なものなのかなど、治療法が違ってきます。


このように、皮膚の病気の診断は大変難しく、予防法まで違ってくるので、毎年くり返している場合は、一度皮膚科専門医に受診することをおすすめします。


肌トラブルを抱えている場合は、スキンケアが大切です。とくに夏は、強い日光と汗に注意が必要です。強い紫外線を避けるため、日傘、帽子などで日光を避けるのはもちろんのこと、日焼け止めを使ったり、汗をかいた後は、入浴、洗顔などできれいに洗い流しましょう。

また、メイクが厚くなると汗が皮膚と化粧品の間にたまり、皮膚を荒らしてしまいますので、ライトメイクの方がおすすめです。また、夏は皮膚が化膿しやすいので、虫刺され、汗かぶれ、日焼け等の皮膚のトラブルや傷にも注意が必要です。


スキンケアには、バランスのよい栄養を心がけることも大切です。皮膚の代謝に不可欠なビタミン、タンパク質、脂肪、炭水化物、ミネラルを積極的にとりましょう。また、水泳、ウォーキング、自転車などの有酸素運動もおすすめ。運動をすると、皮膚に分布する細かい血管に十分な血液が流れ、酸素と栄養分が皮膚に供給されるので、お肌を健やかに保つのに効果的です。


ほかにも、精神的、肉体的ストレスの対策も重要です。睡眠不足や過労を避け、規則正しい生活を心がけてください。適切な診断や治療を受け、早くもとの健全な皮膚の姿にもどって、快適にお過ごしになれますように、心よりお祈りいたします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

紫外線
肌トラブル
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。