Question

お尻から太ももの裏がかゆく、かきすぎてしまう

お尻から太ももの裏側にかけての部分が、とてもかゆくて……。かきすぎて肌が真っ黒になっています。あまりにかゆく、知らない間に手が伸びて、ポリポリかいてしまいます。

女性/40代

2022/01/28

Answer

皮膚にみられるもっとも頻度が高い症状は、かゆみです。かゆみは大変不快な症状の1つですね。

その原因は、皮膚に赤みや腫れなどの症状が表れる皮膚の病気のほか、皮膚に赤みなどの症状が表れていないのにかゆみが起こる場合があります。


皮膚の病気が原因のかゆみは、皮膚に赤み・腫れなどの症状を伴うことが多く、頻度の高いものとして、じんましん、接触性皮膚炎、あせも、かぶれ(接触性皮膚炎)などがあり、これらは季節に関係なく症状が表れます。


皮膚に変化がないのにかゆみが起こる原因はさまざまですが、最も多いのは湿度が下がる季節に起こりやすい肌の乾燥によるものです。乾燥が原因の場合、保湿剤などで肌を保湿すると、症状は改善します。

また、からだの異常がなくてもストレスや心の負担が原因で起こることもありますし、なかには、血糖値や甲状腺などの体の問題が原因で、症状が起こる場合もあります。


かゆみが起こるとついかいてしまうのですが、かくことでかえって症状が強くなることもあります。かゆくても、できるだけかかないように注意し、アイスノンや氷のうなどで冷やすとよいでしょう。


また、入浴などからだが温まることで症状が強く出るようであれば、原因となることを極力避けるようにしましょう。入浴時には、皮膚をやさしくなでるように洗い、石けんが皮膚に残らないようによく洗い流すようにしてください。


また、下着のゴムなどによる皮膚への圧迫も刺激となることがありますので、ゆるめの衣類がおすすめです。


ご相談者は、知らない間に皮膚をかいてしまうことがおありの様ですね。

くり返しかくことで、皮膚に炎症が起こり、炎症のあとには、色素が増していきます。一般的に色素沈着の程度は、経過の長さに関係し、また日光に当たるとさらに色素沈着を残しやすくなるため、こする、かくなどの皮膚への刺激をできるだけ避けるようにしましょう。

生活面で気をつけても、かゆみが改善しない、長びく、発赤・しっしんなどの症状が出てくるようでしたら、専門の皮膚科を受診し、どのような原因で症状が起こっているのか、また治療や対処方法についてご相談いただくとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。