Question

焦げたものを食べるとがんになる?

がん家系です。焦げたものを食べると、本当にがんになるのでしょうか。

女性/40代

2022/01/28

Answer

焦げたものを食べるとがんになるという科学的根拠はありません。肉や魚を強火で調理したときにできる「焦げ」の物質(ヘテロサイクリックアミン)は、大腸がんのリスクを高めるといわれていますが、科学的な証拠はまだ不十分とされています。


現在、科学的根拠に基づいて明らかにされているがんの予防法は次の6つです。


(1)禁煙

他人のたばこの煙(受動喫煙)にも注意してください。


(2)節酒

飲むなら、節度のある飲酒を心がけましょう。


(3)バランスのよい食事

塩分の多い食品(塩蔵食品)や食塩の摂取は最小限にして、野菜や果物不足にならないようにします。また、あまり熱い飲食物はとらないように。


(4)活動的な毎日

日常生活を活動的に過ごしましょう。


(5)適正な体重管理

太りすぎたり、やせすぎたりしないよう、適正体重を維持しましょう。


(6)感染への注意

肝炎ウイルス感染を調べ、感染している場合は治療をしましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

健康トリビア
がん

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。