Question

プロラクチン値が高いとなぜ不妊になるの?

不妊検査で、プロラクチン値が高いと指摘されました。プロラクチンが高いと、どうして不妊になるのですか。

女性/30代

2022/01/28

Answer

プロラクチンは、脳下垂体から分泌されるホルモンで、「乳腺刺激ホルモン」とも呼ばれます。その分泌は妊娠中から高まり、分娩後はさらに増えて、母乳の分泌を引き起します。


一方でプロラクチンには、脳下垂体から分泌される「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」を抑制する働きがあります。その結果、卵巣機能を調整する「性腺刺激ホルモン」の分泌を低下させてしまうのです。


プロラクチンの血中濃度は15ng/mL以下が正常値です。30ng/mLを超えると、排卵が抑制され、無月経になることがあります。妊娠を望む女性に、プロラクチンの分泌異常がみられると、治療が必要になります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

月経トラブル
不妊

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。