Question

虫刺されの予防法

虫刺されの予防はどうすればよいですか。

女性/40代

2022/01/28

Answer

基本的には、できるだけ虫を近づけない、虫に近づかない、接触しないようにすることが大切です。

室内で繁殖している蚊やノミ、イエダニなどの駆除には、燻煙殺虫剤が有効です。ただし、気密性の低い家屋では効果が低いようです。

イエダニの場合は、その宿主であるネズミの駆除が重要です。

蚊やブヨ、ケムシ、ハチなどは、アウトドアでのレジャーや庭仕事などで、刺されることが多くなります。予防策としては、長袖シャツや長ズボン、帽子や手袋などをつけ、できるだけ肌を露出しないようにしましょう。

また、外出や作業をする際に、携帯用蚊とり線香や、防虫スプレ-などの虫除け剤(忌避剤)を使うと一定の防除効果があります。

なお、忌避剤であるディートには、使用上の注意として、生後6カ月未満の乳児には使用しないこと、小児の顔に使用しないこと、2歳未満の幼児では1日1回、2歳以上12歳未満の小児では1日1~3回の使用にとどめることなどがあります。注意して適切に使いましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

虫刺され
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。