Question

両側乳腺のう胞症で経過観察の指摘。精密検査の必要は?

人間ドックでマンモグラフィ検査と超音波検査を受けました。結果に「両側乳腺のう胞症」とあり、経過をみるように記載されていましたと。精密検査の必要はないのでしょうか?

女性/30代

2021/12/21

Answer

乳腺のう胞症は、乳房の乳管という部分に水のようなものがたまって袋状になった状態をいいます。良性の疾患で、検診で偶然見つかることもあれば、しこりを自覚して見つかることも。のう胞が複数できているケースやしこりが大きく痛みを伴う場合もあります。


がんとは異なり、悪性の疾患ではないため、検査でのう胞であることがはっきりしていれば、定期的な人間ドックなどで経過をみていくことで問題ありません。気になる場合は、乳腺専門医のいる医療機関を一度受診して、そこで定期的な検査を受けながら経過をみてもよいでしょう。


乳房の自己検診を行う習慣がないようなら、毎月の月経が終わったころに自分でチェックしてみることをおすすめします。日ごろから自分の乳房によく触れておくと、変化や異常を早めに発見することができます。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

関連するキーワード

胸のしこり
人間ドック
経過観察

関連する病気

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。