Question

減感作療法の副作用

減感作療法の副作用について教えてください。

女性/40代

2022/01/28

Answer

皮下への減感作療法(皮下免疫療法)では、注射部位の痒みや腫れが起きることがあります。まれに、喘息発作やじんましん、血圧低下、アナフィラキシーショックなどの全身症状が起こることもあります。

こうした副作用は、注射後15分から20分以内に起こることが多いので、注射後30分間程度は、病院にいる必要があります。

舌下への減感作療法(舌下免疫療法)では、皮下免疫療法よりも重篤なアナフィラキシーショックを発現する可能性は低いといわれています。副作用の多くは口腔掻痒感、口腔浮腫、咽頭刺激感、耳掻痒感などの局所症状であり、まれに喘息発作、じんましん、消化器症状などが認められます。

初回投与は医療機関で医師と一緒に行い、30分間は状態変化がないか観察が必要になります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

花粉症
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。