Question

病後に目の下のくまができる理由

6歳の男の子ですが、鼻かぜをひいて2週間薬を飲みました。元気になりましたが、目の下にそれまでなかったくまができてしまいました。どうして、できたのでしょうか。

女性/30代

2022/01/28

Answer

目の下のくまは、目の下が他の場所と比べて皮膚が薄く、血管が透けて見えることで起こる症状です。

かぜなどで体調不調になると、血行が悪くなって血液がうっ血するため、目の下にくまができるのです。充分な栄養と睡眠をとれば、自然と消えていくはずです。


参考までに、目の下のくまにはいくつかタイプがあります。血液のうっ血が原因の青ぐま、むくみやたるみによる黒ぐま、シミやくすみによる茶ぐまなどです。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

かぜ

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。