Question

逆子矯正法の種類

逆子の矯正法にはどのようなものがありますか。

女性/20代

2022/04/15

Answer

逆子の矯正法のひとつに、妊娠36週以降に行われる骨盤位外回転術という方法があります。これは、母体のおなかの上から医師が手を添えて骨盤位を頭位に矯正する方法です。技術に熟達した医師が行うべきであり、まれに胎盤早期剥離が起こるなどのリスクが指摘されています。外回転術の実施にあたっては、胎児の大きさ、帝王切開の既往がない、緊急帝王切開が可能な施設である、などの要件があります。


そのほかにも、従来、逆子の矯正法として、逆子体操やポジショニング(横向きに寝る姿勢を維持する)、鍼灸療法などがありますが、その効果については根拠がはっきりしないといわれています。


逆子と診断された際に、経腟分娩をするか、予定された帝王切開にするか、悩む場合もあるかもしれません。かつては、帝王切開は2回までといわれていましたが、現在はそのようなことはなく、医療技術も進歩して帝王切開のリスクは以前より低くなっています。

胎児や母体の状態、お産についての考え方、主治医の方針など、お産ごとに条件が異なるため、どちらの出産方法がよいか一概には言えません。これらのメリット・デメリットをよく理解したうえで、主治医によく相談して方針を決めましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

妊娠

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。