Question

不随意運動の原因

不隋意運動がよく現れます。高齢が原因ですか。

女性/50代

2022/01/28

Answer

不隋意運動とは、自分の意思に反してからだの一部が自然に動いてしまう症状です。手足のふるえ(振戦)、口や舌をもぐもぐ動かす(口ジスキネジア)、踊っているように見える(舞踏運動)、眼瞼けいれん、半側顔面けいれんなどがあります。


こうした症状が起こる原因には、加齢に伴う脳の変性、動脈硬化による脳血流障害、薬剤の副作用などが考えられます。

たとえば、手足のふるえ(振戦)は、生理的、本態性および家族性、老人性、中毒性、パーキンソン病、小脳性、固定姿勢保持困難などいろいろの原因が考えられるのです。


不隋意運動があまり頻繁に起こるようなら、一度医師に相談して、脳のCT検査やMRI検査をすることをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ふるえ
けいれん
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。