Question

熱性けいれんと解熱用座薬は併用可能?

熱性けいれんの座薬を処方されています。解熱用の座薬は、同時に挿入してもよいものですか。

女性/40代

2022/01/28

Answer

熱性けいれんの予防薬として用いられているのは、ジアゼパムという子ども専用の座薬です。ジアゼパム座薬と解熱剤の座薬の両方を投与する場合、ジアゼパム座薬を入れてから、少なくとも30分以上の間隔をあけて挿入することが望ましいとされています。


これは、解熱用の座薬を同時に挿入すると、ジアゼパムの吸収が阻害される可能性があるためです。なお、市販の解熱剤を用いる場合は、必ず薬剤師に相談してください。


回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

けいれん
処方薬
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。