Question

熱中症を予防しつつ、マスクを着ける方法は

熱中症を予防しながら、どのようにマスクを着ければいいでしょうか。

女性/60代

2021/12/21

Answer

マスク着用時は、着用していない場合と比べて、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するため、高温や多湿といった環境下で、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。

厚生労働省は、熱中症を予防しつつ、マスクを使用する方法について、次のように呼びかけています。

①屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。

②マスクを着用したままでの、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。

③周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。

適宜マスクをはずし、暑い日や時間帯を避け、涼しい服装を心がけてみましょう。

※2022年1月31日時点の内容です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

新型コロナ
熱中症
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。