Question

屋外のウォーキングで新型コロナに感染する可能性は

健康のためにウォーキングを日課にしています。新型コロナウイルス感染の心配はないでしょうか。

女性/50代

2021/12/21

Answer

外出の自粛で活動量が減ると、体力の低下や生活習慣病などの発症を起こしやすいので、ウォーキングなどで意識的に体を動かすことは大切です。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するためには、なるべく他者との接触を減らすことが必要とされています。

感染予防のためのウォーキング時には以下のことを注意しましょう。


・発熱などないか体調をチェックし、体調が悪いときは無理をしないようにしましょう。

・1人で行い、空いている時間帯や人が少ない場所を選びましょう。

・できるだけマスクを着用します。マスクをしてウォーキングをするのがつらい場合は、バンダナやハンカチなどで口や鼻を覆いましょう。

・他の人との距離をあけ(海外の一部の研究ではウォーキングは5mあけることを推奨しています)、人とすれ違うときも距離をあけましょう。

・帰ってきたら、まず手や顔を洗い、できるだけ早めにシャワーを浴びて着替えましょう。


また、暑い季節のウォーキングでは、熱中症予防のため、以下のことを心がけましょう。

・風通しのよい衣服や帽子の着用、こまめな水分補給、塩分の摂取、適度な休憩をとる、涼しい時間帯を選ぶなど注意が必要です。

・高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。

・少しでも体調に異変を感じたたら、周囲の人との距離を十分にとれる涼しい場所で、マスクをはずして休憩することも必要です。

※2022年1月31日時点の内容です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

新型コロナ
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。