Question

人工ペースメーカーの術後管理

父が長く心臓病を患っており、今度ペースメーカーの植え込み手術を受けることになりました。手術後の管理について教えてください。

女性/40代

2021/12/21

Answer

人工ペースメーカーの管理は、退院後ペースメーカーが問題なく作動しているかをチェックするため、3~6カ月ごとに外来受診が必要になります。


ペースメーカーの電池寿命は、機種や設定(モード)、患者さんの状態によって異なりますが、7年ほどです。その時期になったら、ペースペーカー本体を交換するための手術が必要になります。 

手術は局所麻酔で行われ、手術時間も1時間程度です。このように短時間で済み、負担が少ないことから、外来で交換手術を行う医療機関もあります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。