Question

収縮期血圧と拡張期血圧の差について

上の血圧と下の血圧の差は大きいほうがよい? それとも、小さいほうがよい?

男性/20代

2021/12/21

Answer

収縮期血圧(上の血圧)は太い血管の状態、拡張期血圧(下の血圧)は細い血管の状態を表しています。この差を脈圧といい、健康的な血管であれば、上と下の血圧の差は通常40~60mm Hgです。


太い血管に動脈硬化が起きると、収縮期血圧が上がり、拡張期血圧は下がります。この差が大きいほど、動脈硬化が進んでいるといわれます。一方、収縮期血圧は正常なのに、拡張期血圧が高くなっているのは、高血圧の初期段階にみられる状態です。


なお、若い人では動脈硬化がなくても拡張期血圧が高い場合があります。これは、ストレス、喫煙、運動不足、肥満、過量飲酒などが原因で、細い動脈が緊張していることによる影響です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

喫煙
血圧

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。