Question

にきびの対処法を知りたい

お菓子が好きで、食べるとにきびができます。何とかならないでしょうか?

女性/20代

2022/08/20

Answer

にきびは、思春期から30歳代にかけて顔や背中などに多く見られ、過剰な皮脂の分泌や、毛穴の出口のつまりが原因で起こります。


治療法には、外用薬や抗生物質などの内服薬、光治療やケミカルピーリングなどがあり、症状や状態によって治療方法は異なります。抗生物質や塗り薬の処方は一般的に行われていて、ビタミン剤を併用することもあります。


にきびに対する日常生活の注意点を紹介します。


・洗顔は1日に2回、石けんで洗いよくすすぐ


・にきびには触らない(触って刺激をすると、炎症を起こし、跡が残ることがあります)


・規則正しい食事、睡眠を心がける


・化粧は低刺激でノンコメドジェニックな化粧品(にきびの初期病変である「面ぽう」をできにくくする化粧品)を選択する。また、にきびをコンシーラーなどで隠すように厚く塗らなければ、化粧をしても差し支えない。


にきびとの関係のある特定の食品は現時点でははっきりわかっていませんが、主食・肉・魚・野菜・果物などをバランスよくとることがすすめられます。一般的に1日に100~200kcal以内で菓子をとることは差し支えない範囲ですが、過度の摂取は食事のバランスを損ねるのですすめられません。


これらに気をつけてもなお、治りにくく症状が悪化する場合は、皮膚科を受診し相談するとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

肌トラブル
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。