Question

治療と就労の両立に不安

うつ病のため心療内科に通院しています。体調がよくなってきたので、主治医や家族にも相談し働くことを考えています。どのような点に気をつけるとよいでしょうか。

女性/30代

2021/12/21

Answer

これまで療養していたことを考えると、治療を続けながら働くことに不安を感じるのはとても自然なことだと思います。漠然とした不安は、それ自体もストレスとなり得ます。少し整理をして、どのような点に気をつけるとよいのかを一緒に考えてみましょう。


まず、就労の希望について、主治医や家族と相談できているのはとてもよいことです。特に主治医は専門家の視点で、あなたの現在の体調やこれまでの経過をよくご存じです。どのような仕事内容で、週何日、何時間程度なら大丈夫か、どの程度から始めるのがよいのかということも、主治医ともよくご相談ください。また、働き始めると生活も様変わりすると思いますが、ご家族に協力してもらえそうなことはありますか。ご自身はもちろん、サポートするご家族も無理をしすぎないように、家事の分担など協力しあえることがないか、予め話し合っておきましょう。


それからご自身が、これまで体調を崩されたときには、何かしらの予兆やサインなどがあったでしょうか。例えば、眠れない日が続く、同じことを何日も考えてしまうなど、ご自身で気づいていることはありませんか。主治医と一緒に、これまでの体調の経過を振り返っておいて、こんなサインや変化が出てきたら休養を取る、早めに受診するなどと、具体的な対応を事前に話し合っておけると安心です。


仕事を始めれば、体力的な疲労や業務による負担、職場の人間関係などのストレスがあるため、体調に影響がないわけはありません。今まで以上に睡眠や食事を意識してとるように心がけ、疲れを感じたら、その日は早めに就寝するなどを心がけてください。何か気になる変化があれば、受診の際に遠慮をせず主治医に伝えるようにしましょう。


仕事のことについては、職場内にも相談できる人がいるとよいですね。安心して相談できそうな上司や同僚などを見つけて、業務上で困ったことは一人で抱えこまずに相談するようにしていきましょう。


働く理由は人それぞれですが、仕事があなたにとってちょうどよい「はりあい」になれば、より健康的で豊かな生活が送れるのではないでしょうか。無理をせず、あなたにとってのよいバランスを見つけてください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

職場の悩み
仕事と治療の両立

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。