Question

昇進後、休みがちな部下への対応

昇進したばかりの部下がプレッシャーからよく休むようになりました。うつ病ではと心配です。上司としてどうすべきでしょうか。

男性/50代

2021/12/21

Answer

あなたの部下が最近よく会社を休むようになったのですね。昇進した部下ということですから、期待も大きいでしょうし、大変心配されていることとお察しします。


プレッシャーで休んでしまうというのは、部下自身が話したのでしょうか。それとも状況から、あなたがそのように感じているのでしょうか。どちらにしても時間をとり、部下の話をじっくり聴いてほしいと思います。そのときに、気をつけてほしいことがいくつかあります。


まず、話を聴く場所ですが、内容がデリケートな場合もあるので、会議室などプライバシーに十分に配慮しましょう。また余裕を持った時間設定をして、きちんと話を聴くという姿勢を示します。


部下を励まそうと「自分のときはこうだった」「こうすればよい」など、よかれと思って助言をしがちですが、大切なことは、まず相手の話に耳を傾けることです。言いたいことがあっても辛抱して、まずは部下の話に口を挟まず聴いてください。アドバイスではなく、傾聴を心がけ、労いの言葉をかけてあげましょう。「がんばってきたな」「大変だったね」と部下の気持ちに寄り添ってください。


部下の話を聞いた上で課題を共有し、上司として何ができるのか、何を望んでいるのかを話し合ってみてください。少しでもプレッシャーから解放されると思います。


また「うつ病ではないか」などとは言わないようにしましょう。それが心配から出た言葉であっても、あなたは医師ではありません。「元気がない」、「顔色が悪い」、「ミスが多くなっている」などいつもと様子が違うこと、それを心配していることを伝えて受診をすすめましょう。産業医がいる場合は、面談を促すのもよいと思います。


最後に、あなた自身も一人で抱えこまないことです。上司や、産業医、保健師などの産業保健スタッフに相談しながら、部下をサポートしていけるとよいと思います。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

職場の悩み
部下

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。