Question

仕事でミスを繰り返し、改善できない

入社後、さまざまな部署を経験してきましたが、どこの部署でもミスを繰り返すことが多く、上司から注意を受け続けています。ミスの自覚はあり、自分でできる工夫はしてきたつもりですが、なかなか改善できません。このままミスが続くと、後輩にも示しがつかず、仕事を続けていく自信もなくしてしまいます。


男性/30代

2021/12/21

Answer

ミスなく業務を遂行することが望ましいとわかっていても、ミスをゼロにすることはなかなかできるものではありません。仕事でうっかりミスをしてしまい、周囲に迷惑をかけたり、余分な仕事を増やしてしまったりという経験は誰にでもあるものでしょう。

しかし、ミスを繰り返し起こしてしまうとなれば、落ち込んで自信をなくしてしまうのも当然ですね。ミスは起こるものだとしても、なぜ繰り返してしまうのか、どうすれば繰り返さずに済むのか、考えてみましょう。


ミスをすることに慣れてしまうことが一番恐いことです。そうならないように、今までを振り返り、見つめ直してみましょう。どんな時に、どんなミスをしたのか、どうすれば防げたのか。それぞれのミスについてチェックしていきましょう。


ミスをした時の“うっかり”した自分ではなく、冷静に振り返ることのできる今の自分になって、考えることが大切です。頭の中だけで考えず、具体的に書き出してみると効果的です。「記録に残す」という行為は、今後への警告にもなります。ミスをした時の状況が正確に把握できたら、次回、どこを注意すればよいのかも見えてくるはずです。

そこで、ミスした時には思いつかなかった仕事の進め方や対処の仕方をどんどん考えてみましょう。上司や先輩に相談して、意見を聞いてみるのもいいでしょう。


次に、自分のミスを振り返る中で、「いつもここでミスをしている」というような、癖やパターンのようなものがないか、探してみましょう。このパターンを理解することが、ミスを事前に防ぐ重要な手がかりになることがあります。面倒な作業かもしれませんが、ここで何かを学ばない限り、また同じミスを繰り返すことになってしまいます。

こうして学んだ経験は力になりますし、この地道な作業が“二度と同じミスはしない”ことにつながることでしょう。


ミスをしたあと、そのままでは失敗しただけというマイナス体験で終わってしまいます。失敗から何を学び、どのように次回に役立てるか、それができたら「失敗は成功のもと」の実現につながります。

また、ミスを起こす場合には体調が影響していることもあります。日頃から、睡眠時間を十分に取ることや疲労を蓄積させないなど、自分のコンディションに気を配っておくことも大切なことです。


いくつか提案しましたが、ミスなく仕事ができた自分はどうだったかと、別の視点で振り返ってみることも役立ちます。いずれにしても、取り組みやすいところから挑戦してみませんか。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

不安
職場の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。