Question

部下がうつ病かもと心配

しばらく前から体調が悪そうだった部下が、最近特に集中力を欠いてボーッとしていて、業務効率も下がっています。病休を取ることも多く、うつ病を疑っているのですが、本人から報告はありません。なるべく声を掛け、個別面談なども実施しましたが、表面的なやり取りで終わっています。以前はもっと打ち解けた関係にありましたが、会社で成果主義が導入されて考課面接をするようになってから、壁を感じています。マイナスに評価されることを恐れて、病気について率直に話してくれていないのかもしれません。

男性/40代

2021/12/21

Answer

近年、成果主義に基づく人事考課制度の導入によるストレスから、不調を訴える方は少なくありません。「考課される側」が自分の評価に納得できずにストレスを感じるケースも多いですが、一方で同じくらい「考課する側」がストレスに苦しんでいるケースも多いようです。会社と部下との間で板挟みになってのご心労、お察しいたします。



部下の方ご本人からの訴えがない状態ではうつ病かどうかを判断することは難しいですが、まずは「いつもの君と違うような気がして心配している」と伝えたうえで、業務効率の低下という観点から、産業医との面接を勧めてみてはいかがでしょうか。産業医面談の中で、メンタル症状が確認できれば、産業医から、専門医を受診するよう本人に勧めてくれると思います。



確かに、部下の方が「もしうつ病と診断されたら、会社での評価はどうなるのか」ということを不安に思っている可能性もあります。その場合は、あなたが人事部と連絡を取り合ったうえで、部下の方にわかりやすく今後の見通しを伝えられてはどうでしょう。その際に、以前は部下の方と打ち解けた関係を作れたあなたです、会社の方針は方針として伝える一方、あなた自身は部下を守りたい気持があるのだと、あなたの言葉で率直に伝えることで、部下の方も会社に自分の味方がいると感じることができ、治療に積極的に取り組めるのではないかと思います。



最後に、あなた自身の板挟みによる、社内での孤立感が心配です。ご自身のストレスケアのためにも、また状況整理のためにも、信頼できる第三者やカウンセラーに、その時々の状況やお気持ちをお話しされることが役に立つと思います。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

職場の悩み

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。