Question

虫に刺されたときの応急処置

虫に刺されたときの応急処置はどうすればよいですか。

女性/40代

2021/12/21

Answer

虫に刺されたときの、家庭での応急処置の方法や受診の目安について説明します。


①刺されたところ(患部)に毒針が残っていたら、先の細いピンセットや毛抜きなどで抜くか、粘着テープにつけて取るなど、できる範囲で取り除きます。


②患部を石けんと流水できれいに洗います。


③痛みと腫れをやわらげるため、冷たい水に浸して絞ったタオルなどの冷湿布を患部に当てます。


④市販のかゆみ止め外用薬や虫刺され用の軟膏(抗ヒスタミン軟膏)が手元にあれば塗ります。


⑤腫れがひどく、発熱や倦怠感を伴う場合は医療機関を受診しましょう。


⑥患部の赤みが直径5cm以上ある場合や、腫れが2つの関節を越えて広がる場合は過敏反応の可能性があるので、医師の診察を受けることが勧められます。医療機関を受診する際の受診科目は、時間帯にもよりますが、皮膚科や外科を受診するとよいでしょう。


 虫刺され後に呼吸困難、意識がもうろうとしているときは、ただちに119番通報し、病院を受診します。特に、過去にハチなどの虫に刺され、アレルギーをもっている人は、アナフィラキシーショックを起こす場合があります。虫刺され直後に息苦しさや気分が悪い症状を感じたら、アナフィラキシーショックの前兆が疑われますので、速やかな対応が必要です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

アナフィラキシーショック
虫刺され
応急処置
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。