性器クラミジア検査

最終編集日:2022/7/29

クラミジア・トラコマチスという病原体が、性行為によって感染する病気が性器クラミジアです。無症状や軽症の人が多いため、感染したことに気づかないケースもあります。ただし妊婦が感染すると流産・早産の原因になることがあります。
治療しないまま経腟分娩をすると胎児が産道を通る際に感染し、肺炎等を起こす可能性もあります。検査方法は、細長い綿棒で子宮頸管(子宮の入り口)付近の帯下(おりもの)をぬぐい、クラミジアに感染しているかどうかを調べます。
陽性でも子宮内の赤ちゃんへの影響はほとんどないとされており、出産までに抗生物質を内服し、治療を終えれば赤ちゃんへの感染は防げることがわかっています。そのためには30週頃までに検査を受けておくことが大切です。また、再感染を予防するためパートナーの治療も同時に行うことが重要です。

監修

JR東京総合病院 産婦人科 医長

松浦宏美

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。