在宅サービス

最終編集日:2022/3/30

居宅サービス


自宅で受けられる「居宅サービス」には次のようなものがあります。
・訪問介護
ホームヘルパーなどが自宅を訪問し、入浴や排泄、食事などの介護や生活援助を行います。
・訪問入浴介護
看護職員や介護職員が自宅を訪問し、入浴の介護を行います。自宅の風呂を使う場合と浴槽をもち込む場合があります。
・訪問看護
主治医の指示に基づき、看護師などが自宅を定期訪問し、健康チェックを行い、こころやからだをケアします。
・訪問リハビリテーション
主治医の指示により理学療法士や作業療法士などが自宅を訪問しリハビリテーションを行います。
・通所介護(デイサービス)
デイサービス施設に行き、入浴や排泄、食事などの介護、リハビリテーションなどのサービスを受けます。
・通所リハビリテーション(デイケア)
介護老人保健施設、病院、診療所に行き、リハビリテーションのサービスを受けます。
・短期入所生活介護(ショートステイ)
特別養護老人ホームなどの施設に短期滞在して介護やリハビリテーションなどのサービスを受けます。


ほかにも、日々の生活の自立を支援する福祉用具の貸与や購入時の助成、住宅改修の助成などが行われています。
また、こうした在宅サービスのほかに、住み慣れた自宅や地域で生活をするための「地域密着型サービス」があります。
地域密着型サービスには、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)、認知症対応型通所介護、夜間対応型訪問介護、小規模多機能型居宅介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護などがあります。

監修

あしかりクリニック 院長

芦刈伊世子

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。