眼球振盪症

がんきゅうしんとうしょう

最終編集日:2022/9/16

概要

眼球振盪症は、眼球が自分の意思とは関係なく無意識に動いてしまう病気で、“眼振”とも呼ばれます。速く動くものを目で追って眼球が動くという生理的な眼振では、治療の必要はありません。

一方、目や脳、神経に異常があって発症する病的眼振症には、先天性と後天性があり、それぞれ原因や症状が異なるため、病状に適した治療が選ばれます。いずれも完治はできませんが、症状の軽減に有効な治療が行われます。

原因

眼球振盪症には先天性と後天性があります。眼球に異常がない先天性眼振の場合、ほとんどが眼球の動きの制御に関する神経障害によるものです。

後天性のものは小脳や脳幹部の障害で起こります。また目や耳にも関係するメニエール病などが原因で起こることがあります。

症状

眼球振盪症で起こる揺れの症状は、速度や振幅がほぼ一定に往復する振り子眼振と、往復で速度が異なる律動眼振があります。

●先天性眼振

両眼に発症します。視力が悪く乱視を合併しやすい傾向にあります。

●後天性眼振

物が揺れて見える、また、めまいや耳鳴りなどが起こることもあります。

検査・診断

検査方法は、物を注視している状態で行うもの(注視眼振検査)と注視していない状態で行うもの(非注視眼振検査)があります。

●注視眼振検査

被験者の目の前に出した指を注視してもらい、指を上下左右に動かしたときの目の動きをチェックします。

●非注視眼振検査

目の焦点があわないようにする特殊な眼鏡を使い、物を注視しない状態にして、頭の位置を動かしたときに眼振が起こるかを調べます。

治療

根本的に治す方法は今のところありませんが、眼鏡やプリズム療法(特殊な眼鏡を使い症状を軽減)、薬を使った治療、手術療法などで症状を軽減します。

原因となっている病気がある場合は、原因疾患の治療を行います。

セルフケア

予防

脳や神経、生活習慣病など、原因となる病気にかからないように気をつけることが大事です。食生活、睡眠、適度な運動などに配慮し、健康を保つことが予防につながります。

監修

井上眼科病院 院長

井上賢治

関連する病気

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。