Question

暑い日は水やお茶よりもスポーツドリンクがよい?

熱中症予防のためには、水分をとることが大切といわれていますが、運動をするときや暑い日に外出するときなどには、水やお茶よりスポーツドリンクのほうがよいですか。

男性/30代

2021/12/21

Answer

運動をすると体温調整のために汗をかくので、水分補給が欠かせません。とくに暑い時期は、熱中症予防のためにも、十分な水分補給が必要です。汗をかくと、水分だけでなくミネラルも失われますので、長時間の運動で大量の汗をかくような場合は、ミネラルの補給も必要になります。


市販のスポーツドリンクには、水分やミネラルのほか、糖質も含まれています。これは、運動量が多くて大量の汗をかき、エネルギーも多く消費する運動選手を想定して製造されているからです。そのため、運動量が多くない人が多量にとると、エネルギーをとりすぎる可能性があるので注意が必要。ちなみに、製品にもよりますが、500mLのスポーツドリンクのエネルギー量は約100kcalです。


運動選手でなくても、長時間の運動で大量の汗をかくとき、暑い中での運動で脱水や熱中症が心配なときは、100mLあたり40~80mgのナトリウムを含む飲料(水1リットルに1~2gの食塩を入れた濃度)を30分に1回程度とることが望ましいとされています。スポーツドリンクは、一般的にこの程度のナトリウムを含みますので、上手に利用しましょう。


散歩やウォーキングなどの軽い運動を1時間程度行う程度であれば、ミネラルや糖分を補給する必要性は低いため、冷えた水やお茶で問題ないでしょう。暑い時期の外出も同様です。水やお茶でよいので、こまめに水分をとりましょう。 


なお、熱中症は朝食や昼食をとっていなかった人に多いといわれます。食事からも必要な水分の半分近くをとっていますので、食事を抜かないことも熱中症予防のためには大切です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

水分補給
熱中症
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。