Question

人生に希望が持てず生きる気力がわいてこないときは?

これまでそれなりに希望をもって生きてきましたが、思い通りの方向に進めなかったり、仕事や伴侶にも恵まれたとはいえない人生を送ってきました。人生の折り返し地点を迎え、何を楽しみに生きるのかわからなくなり、生きることにこだわらなくてもよいのではと思うようにさえなってしまいました。生きていてよかったと思えるためにはどうすればよいでしょうか?

男性/50代

2023/12/29

Answer

思い描いていた通りの人生を送れれば、悩みもなく過ごせるのかもしれません。しかし恐らく多くの人は、どこかで挫折を経験したり、何かを失ったりするものです。その時々でそれとどう向き合い、乗り越えていくかが私たちの抱える課題なのだろうと思います。


どのような出来事を「生きていてよかった」と感じるかは、人によってかなり違いがあります。なかには、周囲からみて恵まれた環境にあっても、幸せを感じられない人もいます。その基準は自分の中にあるので、それをどう変えていけるか、ということではないかと思います。人は自分だけではコントロールできないことを幸せの基準にしてしまうと、それが叶わなかったとき、自分では何もできないという状況に陥ってしまいます。逆に自分でコントロールできることを基準にしている人は、自らの努力や行動によってそれに近づくことができるので幸せを感じやすくなります。

例えば、おいしいものを食べる、好きな趣味に興じる、新しいことにチャレンジしたり学んだりする、などです。こうした基準は、それぞれの価値観や経験などが影響しているので、すぐに変えるのは難しいですが、些細なことでもよいので、自分の力だけで得られる幸せがないかという視点で考えてみることも大切かもしれません。


ただ「前に進めない」と感じるときは、無理に進まなくてもよいと思うので、ご自身をいたわってゆっくりと過ごしてください。また、1人で考えるのが難しいときには、医師やカウンセラーの力を借りるのも1つです。最終的には自分自身で答えを見つける必要がありますが、医師やカウンセラーはその手助けをすることはできると思います。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

こころの悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。